男性

うつ病になったら病院を利用しよう|精神病になりやすい性格

カウンセリング以外の方法

医者と看護師

精神科や心療内科はうつ病などを治療するときはカウンセリングや投薬による治療になりますが、病院によってはアロマテラピーなどのセラピー療法をする場合もあります。アロマセラピーは人間がリラックスできる香りを嗅ぐことによって精神が落ち着きます。疲労回復や健康維持などに効果がありますが、軽度のうつ病であれば効果が期待できるでしょう。特別なセラピー療法をしている病院は少ないので、自分がやりたい療法をしている病院を探すことが大切です。カウンセリングは元々セラピー療法の一種として数えられていましたが、最近では投薬を中心にする医師が増えたためセラピー療法と認識されないことが多いです。適切なカウンセリングをすることでうつ病は必ず良くなるので話を聞いてくれる医師が重要になります。カウンセリングで指示をしてくる医師は悪い可能性が高く、患者から話を聞き出すことがうまい医師は良いでしょう。できるだけこのような医師を探す必要があります。

うつ病は症状に波があるので調子が良いときと悪いときがあります。調子が良いときに無理なことをしたりすると症状が悪化してしまう可能性が高いので注意したほうが良いでしょう。慎重に判断しなければならないようなことがあるときは、すぐに決断しないことが大切です。どうしたらいいかわからないときは家族や友人など信頼できる人に相談すると良いでしょう。もちろんカウンセリングで医師に相談しても大丈夫です。